はなさく生命。日本生命が作った生保レディが販売できない保険会社の速報

保険

今年の6月より営業開始予定のはなさく生命。住友生命、第一生命に続き日本生命がついに、生保レディ排除の商品を打ち出しました。まだ未定の部分が多いですが、随時解説していきます。

大手生保子会社の生保レディ販売不可保険会社

生保レディ販売不可の理由

生保レディ販売不可の狙いは単純にコストカットで保険料の大半を占めているのは人件費を削減することで安価な保険料を実現する狙いです。

保険業界に風穴を開けた住友生命

約10年前住友生命が業界に風穴を置けるべく、生保レディの人件費を完全にカットした保険会社、メディケア生命を設立しました。

当時の背景

当時保険業界はまさに、幕末の様相を呈しており、アフラックやプルデンシャルといった黒船が販売シェアを拡大し、乗り合い代理店たちが、専属生保代理店淘汰を開始した時期です。

商品内容保険料の比較が当たり前

そんな中、担当者のマンパワーのみでの販売に限界を感じた住友生命がメディケア生命を設立し、同時期に来店型保険ショップ保険百花を運営開始しました。

現状では明治安田生命以外が全てで揃った

今回日本生命の稼働により明治安田生命以外の3社が来店ショップと生保レディ排除の保険会社を運営する形となります。実は明治安田生命も住友生命と同時期から同様のプロジェクトが組まれていましたが現時点ではまだ形になっていない模様です。

はなさく生命、第一弾は「医療保険」商品内容は?

特長は各社のいいとこ取り

商品内容は正に各社の人気医療保険から、評判の部分をかき集めた、という表現が一番しっくりきます。その中でも特徴的なものをご紹介します。

上皮内新生物でも保険料免除

現在、フコク生命・メディケア生命・ネオファースト生命の3社が売りにしている特約で、悪性新生物(がん)と診断される前段階で保険料免除が発動します。がん検診の精度が上がってきている現状上皮内新生物段階での診断も増えてきているため。かなり宣伝できる特約です。

抗がん剤・ホルモン剤の保障が終身で料金変更なし

最近では珍しくなくなった薬物療法の特約ですが、終身料金変更なしが特徴的です、アフラックや東京海上日動あんしん生命、ソニー生命など更新ごとに保険料が上がっていく保険会社も多数あるため。販売する側もお客様も安心して加入できます。

入院一時金が日額比率の制限なく20万円まで加入できる

短期入院が多い現在、入院保険は日額いくらよりも、一時金で保障されるタイプが選ばれやすいですが、多くの会社が日額の倍数までといった制限を設けています。はなさく生命はこの日額による倍数の縛りがなく。日額3,000円+一時金20万円という設計も可能です。

6月24日発売。不妊治療でも給付金が受け取れる。はなさく生命の医療保険【はなさく医療】
不妊治療でも給付金が受け取れる医療保険、と言うことで話題になっている【はなさく生命】。給付条件の詳細が分かったため報告し...

はなさく生命独自!女性医療特約で不妊治療手術も上乗せ保障

不妊治療手術上乗せは珍しい

詳細が調べきれていませんが、不妊治療手術の上乗せがあるとのことです。基本的に公的医療保険の手術しか保障しない手術の保険においてどのような支払基準になるのか興味深い内容です。詳細が発表され次第新たに投稿いたします。

あくまで予想としての保障範囲

おそらくですが、公的医療保険対象外の術式も多い不妊治療ですので、術式名縛りで対象非対象を分けると考えられます。

おそらく体外受精かつ術式限定?

損益分岐まで考えるのであれば、顕微授精まで絞るのではないでしょうか。体外受精全般まで保障を広げるならば、間違いなくアピールポイントになります。

過去の教訓がっかり保険【シュシュ】

保険業界では有名な無駄保険

日生は一度我々、ファイナンシャルプランナーを失望させるがっかり保険【シュシュ】を販売した経緯があります。

不妊治療保険【シュシュ】とは?

コンセプトは面白かったのですが、加入後2年間不担保など免責が厳しすぎたため、加入者へのメリットが感じられませんでした。もし同じようなことを新保険会社でも繰り返すのであれば、今後の書き込みも辛口に行かざるをえません。

まとめに変えて、今後のながれ

現時点で概要しか見えていないはなさく生命ですが、当ブログでも情報が入り次第随時公開してまいります。まだ6月の発売までは時間がありますが、割高割安に関してくらいは早い目に判断して情報をお届けできればと考えています。

【必読】かんぽ生命謝罪会見の内容。謝罪に真相と言い訳を、2時間すべて視聴して、単的にまとめてみた。
今回かんぽ生命と日本郵便が、不適切な保険募集に対する。異例の記者会見を行いました。要約すると現場責任で経営陣管理職は悪く...
タイトルとURLをコピーしました