精神疾患はなぜ保険に加入できない、加入できる保険はどれ。

保険

心療内科や精神疾患診断名があると、加入できる保険が激減します。なぜ加入できないのか?どの保険なら加入できるのか?について投稿します。

精神疾患は保険の支払い確率·金額が高いから保険に加入できない。

入院保険

医療保険を例に上げると、精神疾患で入院した場合長期化するケースが多く、保険会社の給付金額が他の加入者より大きくなりやすい為です。

死亡保険

他の疾患に比べ、自殺率が高い事が原因です。多くの保険会社は保険成立後一定期間経過すれば、自殺でも保険金を支払わなければなりません。

上記の理由が建前

ここまでがお客様に、説明する建前の説明文言です。納得できなくても理解いただけるかと思います。

保険に加入できない本当の理由

医者ですら正確な診断が困難

血液検査や病原菌で病名確定できないため、本当の支払いリスクが想定できない事が第一です、また将来の生活環境により、緩和するか悪化するか、治癒後再発するか予想できません。

理解力に対する懐疑

簡単に言えば「保険会社に理解力が疑われている」が本当の理由と考えます。精神疾患の中には、日によって人格すら変わってしまう疾患もありますし、加入時は問題なくとも将来悪化する恐れもあります。また思い込みで判断する傾向になりやすいとも考えられています。

一時選択とクレーム率

お客様との面談印象から一時選択が必要

募集側のルールになりますが、一時選択と言って、保険に対する判断理解力が乏しいと感じたお客様から、保険を募集してはダメという規定があります。ですが医師ですらない募集人に判断できるはずがありません。

結論を直訳すると

精神疾患は見た目では状況の判断が困難で今及び将来この部分に不安が生じるから引き受けないとなります。

本人や家族からのクレーム率が高い

完璧な保険商品は存在しない以上、掛け金や保障内容に不満があるのは当たり前の話ですが、加入時にどれだけ丁寧に説明しても、日によって基礎的思考すら変化する病状もある精神疾患は、保険会社にとって危険な病名と言えます。

契約できる保険会社

休職期間がなければT&D生命保険

掛け金や保障内容に特別メリットがある保険会社ではありませんが、査定の穏やかさには定評があります。精神疾患以外の疾病も可能性があるため、保険に加入ができなかった方は一度確認してみて下さい。

不眠症ならば

不眠症だけは別枠の会社が多いです、オリックス生命ならば職務内容次第。チューリッヒ生命なら心療内科への受診歴がなければ。などなど各社確認して見る価値は充分にあります。

それでも無理なら緩和型保険

CMなどでお馴染みの病気があっても加入できる保険商品です。掛金は割高ですが、癌と直近2年の入院·手術を問うのみの保険会社が多いため、最後の手段としてご検討ください。

まとめ

最近相談が急増している精神疾患の保険加入についてまとめてみました。現在保険を検討しているけど加入できる会社がなかなか見つからない方は、参考にご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました