癌(がん)で治療や受診中でも加入できる医療保険、加入条件は?

保険

癌(がん)で治療中でも加入できる保険は、限られていますが存在します。加入条件や商品内容についてお伝えしていきます。

朝日生命スマイルメディカルワイド

癌で(がん)でも最終入院手術から2年経過すれば、加入できる

持病があっても加入できる保険の中でも少し割高です。その分条件がゆるく、【今後の入院手術予定】【2年以内の入院·手術】【介護状態】の3項目に該当しなければ加入できます。

日帰り入院で最高15万円

日帰りでも治療入院があれば一時金が受け取れます。短期入院が多い現代医療に適した商品内容と言えます。

手術給付金を外して保険料を節約

高額療養費制度があるため、手術給付金を付けなくても良いというお客様がたまにいらっしゃいます。そんな場合には外す事で掛け金を節約できます。

先進医療特約は通算2000万円

厚生労働省の制度に連動した保障内容で通算2000万円まで支給されます。

ネオファースト生命のネオdeいりょう

癌で(がん)でも最終入院手術から5年経過すれば、加入できる

朝日生命と比較した場合5年経過する必要があるため条件は厳しいですが、その分朝日生命よりもコストパフォーマンスに優れます。

ほぼ自由設計可能性

持病があっても加入できる保険は、パッケージ商品が一般的ですが、ネオファースト生命は入院日額3000円さえつければ後は完全自由設計です。

加入後5年以内に通算5日未満しか入院しなければ健康割引

健康割引特則という珍しい特則がついています。条件は少し厳しいですが割引率がかなり高く、適応されれば下手な他社の医療保険より掛け金が安いです。

治療保障特約がある

簡単に言えば入院に対して病院に支払った健康保険適用後の自己負担分を給付してくれる特約です。良い特約ですが、制度がかなり複雑で、別途解説用の記事を作成予定です。詳細の説明はパンフレットかHPを熟読してください。

癌(がん)治療中の場合、癌(がん)関係の特約は殆ど無駄

抗がん剤や診断一時金·保険料免除特約はあります。ですが加入時から遡り過去5年以内に、癌(がん)の診断確定歴があると給付対象外の為、ほとんどの場合意味がありません。しかも説明がわかりにくいので通販ならば無駄に付けているお客様もいると考えられています。

他社保険商品は5年以内に診療歴があると不可

持病があっても加入できる保険は沢山あります、しかし。

癌(がん)で治療中となると【5年以内の癌(がん)による通院など診療がありますか】という項目に該当するため加入できません。そもそも癌(がん)に罹患後は最低年一回経過観察通院が一般的なため、実質加入不可と同義です。

共済や少額短期保険はどうか?

ほとんどの商品は熟読すると加入不可もしくは無意味

各社のパンフレットや加入条件を確認しましたが、癌(がん)に関しては「わかりやすい」「わかりにくい」はありますが【ただし書き】がついており、加入不可能または、現在治療や経過観察中の癌(がん)による治療は対象外です。

コープ共済の【たすけあい】は条件を満たせば入院2000円のコースのみ加入可能

【たすけあい】という商品の一番基本的なコースに加入できる可能性があります。保障内容は最小限ですが、保険会社は嫌いだから共済に加入したいという希望があればいかがでしょうか?

まとめ

かなり商品が絞られてしまいますが、加入可能な商品は存在します。ただこの手の持病があっても加入できる商品は免責事項·注意事項がかなり多いため、通販での加入はあまりオススメしません。注意事項をよく読んで可能であれば専門の代理店で説明を受けた後ご検討ください。

精神疾患はなぜ保険に加入できない、加入できる保険はどれ。
心療内科や精神疾患診断名があると、加入できる保険が激減します。なぜ加入できないのか?どの保険なら加入できるのか?について...
タイトルとURLをコピーしました