コロナウイルス感染、入院出来なくても入院保険の給付金支払いが一般的

保険

コロナウイルス感染時の入院できないケースでの一般的な給付金の支払いについて、各社ほぼ出揃って来たため投稿します。

入院出来なくても入院保険の給付金支払い対象

医師による感染とホテルや自宅療養の診断書が必要

医師によりコロナウイルス感染にホテルや自宅療養が必須と診断された場合、日数に応じた入院給付金が給付されます。提出書類は将来簡易化される可能性が高いですが、現時点では各社診断書扱いのようです。

入院日額5000円の場合、給付支払い例

例えば15日外出禁止であれば、入院日額5000円×15で75,000円が給付されます。

感染者のみ対象

現時点で感染が確認できない家族の隔離については各社対象外です。もし調べきれていない規定がありましたら。ツイッターなどでご連絡いただければ幸いです。

要注意、就業不能保険は免責で対象外

就業不能保険は最低でも60日以上の外出禁止が必須

アフラック、日本生命、ライフネットなど一部の保険会社が販売している就業不能保険には免責期間があり、コロナウイルスの場合20日以下の外出禁止のため免責に該当します。

念のため記載、収入保障保険も対象外

名前が紛らわしいですが、収入保障保険も死亡か重度障害、特定疾患が対象であり、コロナウイルスを特定疾患に認定している会社は無いため、支払い対象外です。

マニュライフ生命保険は感染した加入者に見舞金10,000円給付

入院保険の被保険者以外にも給付

他社ではは入院保険被保険者に限るため非常に特殊な対応と考えられます。現時点での対応としては少し先走りすぎている気がしますが好感がもてます。

コロナウイルス感染の診断書が必須

保険会社の通達では、診断書を必須としているため10,000円の給付金のために数千円かけて診断書を病院から請求するかは微妙なところで。診断確定時に診断書を発行していない方は、案外めんどくさくなって請求しないかも知れません。

まとめに変えて、基本は入院保険の被保険者が対象

医療機関の都合で入院出来ないためホテルや自宅で隔離する入院日額の代わりに同額が給付されるという考え方です。保険会社の支払い担当は現在対応に追われているため、あまり無茶を言って困らせないでいただけると幸いです。
タイトルとURLをコピーしました