超初心者向け資産形成の必要性

保険

NISAやIDECOなど、政府主導で資産形成を推奨する動きが強くなってきています。何故政府は資産形成を推奨するのか?資産形成がなぜ必要か銀行預金だけではダメなのか簡単に解説します。

先細る日本経済と成長する世界経済

世界経済に影響される日常生活

物価が上がったのに、収入はあまり増えていない。その理由は世界経済の成長にあります。日本は輸入に頼らざるをえない為、輸入元の国々が経済的に成長すれば、その分物価に反映されます。

経済成長とは人口増加

なぜ輸入元の経済成長に日本が追いつけないかと言えば、これは単純に人口が減少しているからです。人口が増加しない限り経済成長はありえないと言っても過言ではないかもしれません。

政府は老後を面倒を見きれない

公的年金制度の限界

日本の年金制度は少子高齢化を考慮せず、人口が増加し続ける前提でデザインされた制度です。このまま少子高齢化が加速すれば、廃止はなくとも改悪は致し方ないでしょう。

政府は公的年金の資産運用すら海外へ

政府は数年前預かり資金の運用を、国内債券株式中心から、外国債券株式を50%ほど組み入れる方針に変更しました。大本営ですら、自国の成長発展を期待しなくなりつつあります。

日本経済の先細りと自助努力

国の成長の大前提、人口は増えていく

人口が増えないと経済成長は望めません、日本の取れる政策は、人口増加か国民への自助努力に頼るしかないのです。極端な話人口さえ増えれば、よほどアホな政策を打たない限り経済は成長します。

自助努力をどうすればよいか

日本は人口が減少している、世界的には人口が増加している、だから人口が増加している国に投資する。ただそれだけの話です。

銀行預金は、国内投資を銀行におまかせ

名目になりますが、銀行は預金を国内の企業に融資してその利息を還元する仕組みです。政策金利にももろに影響されるため、成長の余地がない国内市場で金利が付く余地がありません。銀行預金は増やすという意味では該当しない事になります。

間違えてはいけない銀行預金の必要性

銀行預金は便利な貯金箱

自宅に百万円以上タンス預金をしている方は稀だと思います。銀行預金は手数料さえ支払えば何時でも出し入れ可能な最強の貯金箱です。

銀行預金は金利以外、最高の預け入れ先

振込や自動引落、入出金、銀行預金なしの生活は考えられません。何時でも引き出せる流動性も他の金融商品とは比較にすらなりません。正直これだけのサービスを「ほぼ無料」で利用できる銀行預金は最高の金融商品と言っても過言ではないでしょう。

まとめに代えて

今回はなぜ資産形成が必要なのかについて簡単な概略を紹介しました。このあと具体的な考え方や商品選びについて、3つほど記事を投稿する予定です。

タイトルとURLをコピーしました