WordPressで初心者が後悔しない為に、注意すべき3つのこと。

ブログ作成、WordPress、日常

WordPressは非常に自由度が高い便利なシステムですが、初心者には少しハードルが高いのも事実です。今回は【無料テーマの選び方】【プラグイン】【ブラウザを使わないスマホアプリからの記事作成】の初歩的かもしれませんが後でやり直しが面倒な項目をまとめました。

無料テーマ選びのポイント

有名で利用者が多いテーマがオススメ

最初はわかないことだらけです。利用者が多く、インターネットで使用方法を検索したら沢山ヒットするテーマを選んでおかないと、絶対後悔します。

サイトの表示速度対策が導入済みのテーマ

後述で詳しく紹介する、プラグインでも対応可能な項目です。ただプラグインはレンタルサーバーやテーマとの相性があり、何でもOKではありません。プラグインをできる限り最低限にできるテーマを選びましょう。

日本で作成されたテーマ

海外には素晴らしいテーマがあります。日本語に対応しているものもあります。ですが使いこなすには最低限の語学力がないと、トラブル発生時に詰みます。

無料テーマ選び、結論から言うと2019年時点では【cocoon】

利用者数、実績共に豊富

Simplicity】という超有名無料テーマの後継テーマになります。製作者様のフォーラムも非常に充実かつ丁寧で、案内に従うだけ、簡単に公開まで進めてしまいます。

【Simplicity】での実績と最新の要望が満たされている。

近年google様の要望は増加の一途を辿り、プライバシーポリシーの導入やAMSの推進、サイトスピードの向上要請。昔では考えられないくらい小煩いです。プラグインで対応可能ですが、テーマに組み込まれている方が断然楽です。

プラグインの選択と原則

プラグインは必要最低限

WordPressにはプラグインという便利なオプションが山のように沢山存在します。ですがこのプラグイン、インストールすればするほど、サイトの表示速度を遅くするという罠があり、いかに少なくするかが大切です。

JetpackはWordPress.comを利用してスマホアプリを導入するならあり

テーマで対策可能な場合むしろサイトスピード遅延に影響が大きいと言われるJetpackですが、【WordPress.comとの連携】【サイトマップ作成】【お問い合わせフォーム】を利用するために導入しました。

しらすのプラグイン構成

最適解ではありませんが参考にご利用下さい

  • Akismet Anti-Spam(スパム対策)
  • Edit Author Slug(ID漏洩防止)
  • WP Multibyte Patch(日本語による不具合防止。)
  • Compress JPEG & PNG images(画像圧縮)
  • WebSub/PubSubHubbub(WEB反映スピード向上)
  • Jetpack by WordPress.com(上記理由の為)

ブラウザを使わないスマホアプリからの記事作成

スマホで記事作成を作成するならアプリが便利

スマホ向け無料ブログサービス並みに書きやすいです。スマホでブラウザから作成しようとすると、記入部分が小さい上に、ちょこちょこ動くためシンドイです。

アプリ導入方法

各OSごとの公式アプリストアにて【WordPress】と入力すれば出てきます。インストール後は、WordPress.comに登録して、サイトを追加してください。

まとめ

今回色々調べた結果を備忘録も兼ねてまとめてみました。実際レンタルサーバー選びとテーマ選びでブログ開始が遅れてしまったと感じています。誰かのお役に少しでも立てれば幸いです。サーバーに関しては別記事参照下さい。

格安でWordPressを試してみたい場合は、スタードメインの無料レンタルサーバーサービス一択
独自ドメインでWordPressを始めてみたいけど、「有料レンタルサーバーを借りて本当に続けられるのか」と尻込みするケー...
タイトルとURLをコピーしました